【観光】高瀬渓谷にいってきました(長野県大町市)

こんにちは、最近のどと鼻の調子が悪く風邪気味ですorz

さてさて、実は昨日ですが長野県の大町市の方へ行き紅葉観光にいってきました。場所は北アルプスの秘境とも呼ばれる「高瀬渓谷」です。地元ローカルのニュース特番などでよくこの地を取り上げていて、ちょうど11月上旬が紅葉の見ごろだということだったので行ってきました。

ダムに向かう途中の道路です。紅葉のトンネルでキレイでした。

七倉ダムの駐車場に車を止めてタクシーを使い、高瀬ダムへと向かいます。なぜタクシーなのかは、中部山岳国立公園内の一般車両の乗り入れが禁止されているエリアで、限定許可車のみでの乗り入れが可能となっているためです。タクシー代は賃走で片道2,100円でした。2人で行ったので4人までのタクシーで相乗りして安く済みました。

車窓からの絶景も堪能できます。

高瀬ダム到着です。日本で2番目に高い場所にあるダムです。

なぜダムがエメラルドグリーンの色をしているかというと、高瀬渓谷に広く分布する花崗岩が歳月をへて風化して崩れた花崗岩に含まれる長石の結晶が粘土化したものと、高瀬川上流から流れてくる硫黄の細かな粒子が混じった水だからだといわれているようです。

こんなにきれいな色をしたダムの水は初めて見ました。どうやら昨日放水したみたく、ダムの水が少なくて木などがダムの壁側に集まっていました。

ここから先は高瀬ダムトンネルを入り、濁沢キャンプ場の方へ抜け、吊り橋と滝を目指します。

大きな吊り橋! 人も多かったのでかなり揺れました。高さは低い方だったので怖くはなかったです。

透き通ってて綺麗。

濁沢キャンプ場、1泊500円らしいです。ここまで来る人はいるのでしょうか・・?

山あり橋(丸太に板の橋)あり、で白い砂路あり。ここを歩くだけで30分くらいはかかった気がします。

そしてやっと滝に到着。水しぶきが伝わり涼しさを感じられました。

またまたタクシーで七倉ダム駐車場の方へ戻り、七倉ダムを目指します。

七倉ダムの石垣です。この横にある階段を上りダムの上まで行きました。なかなかハードでした。

七倉ダム到着。こちらは一部しか歩くことができなく、行動範囲狭めでした。すぐ近くに放水の制御をする建物がありました。

最後に龍神湖(大町ダム)。高瀬渓谷3つのダムの一番下に位置するダムです。ここからは大町市街が見下ろせるいいポイントでした。大町市に伝わる伝説「犀龍と泉小太郎」に由来し、犀龍の伝説と水の神にちなんで「龍神湖」と名付けられたそうです。

ということで3箇所を回ってきました。タクシーで高瀬ダムまで行けるのが明日までだったらしく、紅葉も今が絶好の見頃でいい時に行けたと思います。ちなみに高瀬ダムがある場所は私の使っている携帯電話のKDDIは圏外でしたorz。ほとんどの携帯は圏外になると思うのでご注意を

高瀬ダムをパノラマ画像で!

高瀬渓谷HP

takase-valley.jp

龍神湖(大町ダム)(GoogleMap)

七倉ダム(GoogleMap)

高瀬ダム(GoogleMap)

Hiking trail foot(GoogleMap)