ヘンテナを作って地デジを受信する

こんばんは。唐突ですが皆さんは「ヘンテナ」…はご存知でしょうか? 「ヘンなアンテナ」で「ヘンテナ」です。なんやこれと思いますがWikipedia(ヘンテナ)にもあるみたいです。簡単に地上デジタル放送がこれで見られるので作ってみた!っということでテキトーにまとめていこうと思います。

ヘンテナって何。

先程も申し上げましたが「ヘンなアンテナ」です。名前からして大丈夫か?って思いますが、一応アンテナの理論に沿った動作であって変なアンテナではないです。

構造

長辺が1/2波長、短辺が1/6波長の長方形エレメントで日の字のループ型。ループではあるが水平偏波で輻射方向から左右90度を除くとほぼ無指向性。(電波が届く範囲なら簡単に受信できるようなモン)

どうやって作るの?

まず始めに住んでいる地域の家庭で受信している送信所の各放送局の物理チャンネルから割り当てられている周波数を計算し、そこから波長を計算する必要があります。チャンネルはWikipedia(テレビ周波数チャンネル)を参考にして計算します。私が住んでいるのは松本市で、松本市は美ヶ原送信所と松本中継局がありますが、美ヶ原送信所のチャンネルで計算しました。

キー 放送局 物理チャンネル 周波数 (MHz) 波長 (cm)
1 NHK総合・長野 17 497 60.4
2 NHKEテレ長野 13 473 63.4
4 テレビ信州 14 479 62.6
5 abn長野朝日放送 18 503 59.6
6 SBC信越放送 16 491 61.1
8 NBS長野放送 15 485 61.9

 

最大波長 63.4  
小波 59.6  
平均波長 61.5 (cm)
     
最大周波数 503  
最小周波数 473  
平均周波数 488 (MHz)

↑美ヶ原送信所の場合です。

周波数は物理チャンネルにそれぞれに割り当てられている(物理チャンネル周波数範囲など調べると良いです。)6MHzの中間となるようにして、光の速度で割ります(3×10^8)。簡単な方法で30000で割って[cm]とします。求めた波長からそれぞれ公式にあてはまるように分母で割ります。また、放射リアクタンスを含めた半波長ダイポールの放射抵抗はそのままだとインピーダンスマッチングが取れずに給電点から反射波がはね返ってくるため短くし、本来より2%減らした48%で計算をしました。何言ってんだってなるので半波長の計算は平均波長÷波長分母×0.48で求められます。

設計

アンテナの設計はネットに転がっている公式を参考にして作りました。

計算した波長を当てはめてこのようになりました。

製作

製作は基本的にホームセンターで売っているものでもOKです。私は木の棒に1.2mmの銅線と4Cの同軸ケーブルを使いました。銅線はそれぞれの長さで切ってはんだ付けしました。受電部はそれぞれ左右に分かれるようにつなげて完成です。

受電部の補強でグルーガンを使ったことでより雑感が…(銅線曲がって見えますがそこはノーカンで)

いざ受信

 受信は室内でもできました。若干のブロックノイズは出るものの、最高で72[dB]の値で受信することができました。

ちょっと前の画像になりますが最高利得はこれでした。

向きを探ったりで安定した受信ができます。画像はTVTestのプラグイン

用途など

簡単に言うと録画とかそういったことには不向きです。ちゃんとしたアンテナを買いましょう。しかし、アンテナを購入/設置できなかったり、アンテナが台風などで使えないようなときや外出先でテレビが観たい!(DTVオタク風)といったときに使えたりします。

 

言ってしまえばお遊び程度での製作でございました。PCでテレビが見られる環境を持っていると楽しめますね。ではでは~