【ラーメン】一蘭に行ってきました

こんばんは、だいぶ遅くに記事です。そして訪問から5日経過してのかなり遅刻での投稿です。23日に飯能へ行ってきてその夜に泊まる新宿のカプセルホテルにチェックインする前にラーメンを食べに行きました。その時のお話です。

行ったのは歌舞伎町。外国人の方でにぎわっていて40分近く待ちました。2店舗あるがどちらも600mで行き来できるそうだ。

一蘭というと「天然とんこつラーメン」の1商品に絞り込み、とんこつラーメンを研究するという会社(HP参照)らしいです。赤い秘伝のタレ、出汁、天然豚骨スープ、コラーゲン、特製の生めんといったこだわりを持っています。また、一人ひとり微妙な味覚の違いに対応すべく「麺・出汁・こってり度・チャーシュー・ねぎ・秘伝のたれ・にんにく」についてをオーダーできる用紙があり、それに沿った一杯をいただくことができます。

オーダーはこのようにしてみました。まず最初に食券でラーメンを購入します(替え玉もここで購入可)。次に並んでいるときに配られたオーダー表を記入します。私の例で見ますと、味の濃さは基本。こってり度は基本より1つ上のこってり。にんにくは少なめ(いつもの)、ネギは青ネギ、チャーシューあり、赤い秘伝のタレ、1/2倍(実は辛い物が若干苦手なワテクシ)、麺の硬さは硬めにしました。

こちらが座席、某アニメで初めて知ったのですが、1人用の席で隣どなりが壁で仕切られています。(複数人の場合は壁を折り畳められるみたい。)ラーメンに向き合ってくれ!っという一蘭からの熱()が伝わります。あ、あとこの水の蛇口押しやすくてなかなか良かったです。先ほどのオーダー用紙の2枚目で追加注文ができます。ここでは現金払いになるみたいです。

はい、来ました!いただきます!まずはスープ、100%豚の骨から煮出しされ、特殊製法でこだわっているスープだけあって臭みが感じられず、濃度もちょうどよかったです。赤い秘伝のタレはピリ辛。最初は麺とスープだけで食べましたがだんだん混ぜて食べていくスタイルが良かった。細麺とネギがスープと絡むのがまた最高においしかったです。今回は替玉はしませんでしたが美味しくいただくことができました、ごちそうさまです。

店舗場所(GoogleMap)

公式HP

ichiran.com