ラーメンまとめ(2020.Q1)

最近は恋アス関連の記事ばかりでしたが…ふと思い返してみると毎月毎月のラーメン記事はどこへ?? 今年からは3か月に一度にまとめていこうと思います。安定の更新遅れorz。こちらで紹介するのは2020年1月~3月に食べたものになります。

1/4 つけ蕎麦中華蕎麦尚念 at 松本

地元なのに一回も行ったことがなかったので年末年始の帰省ついでに訪問。おすすめはつけ麺。どろっっとした濃厚スープが麺と絡む絡む。薬味の柚子、いいかも。

1/15 すごい煮干ラーメン凪 at 新宿

たまたま東新宿のホテルに泊まり、歩いてすぐだったので再訪問。がっつり煮干し食べるならやっぱりここよね。追いニボもいいぞ。

2/15 中華そば 鍾馗 at 長野

権堂で行ってみたかったお店その1。開店前からかなりの行列。1時間くらい並びました。店内はここラーメン屋?って思ってしまうオサレな感じ。チャーシュー丼も一緒に頂きました。本節めちゃめちゃウマい・・・

2/16 AFURI at 新宿

今回こそ”炙り”で。AFURI大好き芸人(いつもの方々)との訪問でした。

3/1 らーめん奏と伍 at 長野

権堂で行ってみたかったお店その2。 濃い目かなって思ったスープは意外と控えめであっさり。(久々に全部飲み干しちゃった)柔らかい細麵、もうちょっと硬めでもよかったかな。

3/7 麺創研 紅 at 府中

見るからに辛そうなやつ。この辛味噌が豚と合うんだよな。キャベツの甘みもあってガツガツいけた。温玉は最後の方に投入、卵のまろやかさが広がって違う味の楽しみ方ができました。

3/12 麺とび六方 at 長野

そういえば最近二郎っぽいやつ食べてないなぁということで…やさいもぐもぐとってもヘルシー

3/29 麺道 麒麟児 at 長野

これは旨い…。長野のナンバー1に出逢ってしまったかもしれない。鶏と鴨のスープは淡麗仕立て。出汁の旨味を引き立てていてすごい。チャーシューも味玉も加減ばっちりで良き。替え玉も頂いちゃいました。満足の一杯でした。

以上。1~3月(8件)でした。仕事のお昼にラーメンってのも何回かありましたが今回から紹介するのは省きます。長野市街地をお散歩してるといろんなところに隠れるようにラーメン屋。お店探しも楽しかったです。お金と時間に余裕があったらぼちぼちいろんなところに行ってみたいと思います。

 

恋アス要素ツアー in 信州

また恋アスの話してる…こんばんは。3連休は松本から国道19号を南下し、奈良井宿開田高原・寝覚の床を経由して阿智村へ遊びに行ってきました。もちろん目的は「スタービレッジ阿智」×「恋する小惑星」…!

kuro3.hateblo.jp

↑ちょうど1ヶ月ほど前のです。併せて読んでいただければ…!

前回訪問時には恋アスオリジナル星空解説ムービーがなかったのでこれを見に。あとはACHIBASEさんでのコラボメニューで前回頼まなかったものを頂いてきました。

まずは地質班のターン。

奈良井宿でお昼ごはんを食べた後、開田高原へ向かいました。御嶽山の全体像が見えるビュースポットへ。

いい景色~で終わらず、ここで後ろを振り向いてみましょう。

ここ、九蔵峠では御嶽山の土台となっている中生代ジュラ紀付加体の褶曲したチャート層(層状チャート)の露頭が見られます。

付加体

海洋プレートが海溝で大陸プレートの下に沈み込む際に、海洋プレートの上の堆積物がはぎ取られ、陸側に付加したもの。地形上、日本列島の多くの部分を指す。

チャートはシリカ(二酸化ケイ素(SiO2)によって構成される物質の総称)の殻を持つ原生生物である放散虫という海のプランクトンが主な材料になっているようです。

2~3億年前は深海底だったというこの地層が、プレートに乗って移動し、海溝で沈み込む際に付加して大陸の一部となり、標高1000m以上にまで隆起してこの場所があると…。(参考:御嶽山火山研究施設

国道に戻る前に開田高原アイスクリーム工房へ。以前仕事でこの近くに来てお昼休憩の時に行こうかな~って思って結局行かなかったお店。行けてよかった。とうもろこしとバニラのミックスソフトを食べました。

こちらも戻る前に寄った場所。天然炭酸泉でした。じわじわと泡が肌につき始めてしゅわしゅわして気持ちいい。あと、投入口が冷たかった。それもそのはず源泉は12.9℃と低温。炭酸、鉄分の効果で低温ながらも芯から温まる温泉だった。(※温泉自体は40℃です。源泉継ぎ足しの循環方式です。)

お次は上松町の名所、寝覚の床へ。地質としては中生界の花崗岩。(標本名:粗粒黒雲母花崗岩) 火成岩の一種であり、流紋岩に似る成分の深成岩。

石材としては御影石と呼ばれています。御影石… ハッ!桜先輩と同じ名前の━━━━ 作中でも触れられていましたね!

ここの岩を見てみると、直方体状になった節理が見られます。これを方状節理といいます。節理とはなんぞや。簡単に言うと「岩石に表れる規則正しい割れ目」。マグマが冷却する時や、地殻変動の際に発生するもの。

ちなみにですが、花崗岩のような深成岩によく見られるみたいです。割れ目の両側にずれが見られる場合は断層になります。

節理について調べてみると、方状のほかに柱状・板状・放射状があります。この中のひとつ、板状節理は松本市の美ヶ原でも見られます。これは実際に見たことがあって、特徴的な形をしていたので記憶に残ってました。⇒美ヶ原の板状節理

節理について調べたり岩石のこと調べてみると意外と身近な存在だということを知り、急に親近感が湧きました。案外面白いじゃないの。

この辺でそろそろ阿智へ向かいます。上松からやまおくを抜けて90分くらいでした。

ではでは天文班のターン。

阿智に到着したのはとっくに陽が落ちて19時半。寝覚の床でゆっくりしすぎたかも…。初めに向かったのは「恋アスオリジナル星空解説ムービー」が上映されている「ヘブンスそのはら」です。(名古屋方面しか使えない)園原ICからかなり近く、名古屋からは1時間半あれば着くような場所です。三連休ということもあり県外ナンバーの車でいっぱい。星空ツアーの予約はしていなかったので恋アスムービーのみを見るだけに。

ここでひとつ。駐車場のおっちゃんに言われた言葉。。。

「”松本ナンバー”なんだから別の空いてる日にどう?」

「近いからまた来てよね~(気さくな声掛け)。」

・・・(星空ツアーじゃなくて恋アスムービーだけを見に来たなんて言えない…。)。おまけに信州人でも行くのを躊躇う場所でもあるので余計に肩身が狭かった(◞‸◟)

映像は阿智村の紹介から始まり、星座の歴史・天文クイズ(星座の数、冬が星空観察に適している理由)・冬の星座・オリオン座・おうし座プレアデス星団(すばる)について。あおちゃん説明メインで難しいこといっぱい言ってましたが。初心者向けでも分かりやすい解説でした。説明でもあったすばるも見上げた先に確認できました。

締めのセリフ「自然の天体観測はプラネタリウムとは違って見えたり見えなかったり。自然の中での楽しみ方の一つ。お気に入りの星座を見つけたり、天体望遠鏡を覗いたり。あなただけの日本一の星空を楽しんでくださいね。」

恋アスムービーはゴンドラ入場前のコンテナが並んでいるところに設置されていて、ツアー前にちょっと見るって感じでしたね。ツアーを含む有料ゾーン以降は恋アス関連の展示はないみたいです。

ツアーに関してはやはり友人恋人さんで多いですね。恋アスムービーは子連れの家族さんや恋アス目的で来たと思しきおたくがチラホラ。今回もソロ参戦でしたが先月の阿智ベースでのコラボカフェと比較しちゃうと圧倒的にこっちの方が難易度高めに感じました…。

f:id:kuroiwa917:20200325023313j:plain

恋アスムービーのあとは少し南下して星空観察タイム。肉眼で4~5等星は見えたんじゃないかなぁと。写真はもうおスマホの限界…ゆるして。今後の目標リストにいいキャメラを購入する.が追加されました。

2回行ってみて、阿智は星空観察の邪魔になる光がほとんどない割には少し夜空が明るいなぁって思いました。伊那駒ヶ根あたりは若干光はあるものの阿智に比べて暗めの夜空なんじゃないかと感じました。どちらも観察には適していると思いますが5~6等星が視える視えないで変わるんですかね…。

星空観察を終えた後は阿智ベースさんにお邪魔して再びコラボメニューを頂きに。今回は前回頼まなかった料理を頂いてきました。

☆夜空に輝くKiraKiraグレープソーダ

名前の通りグレープソーダ。☆の形をした阿智産のりんごが添えられていました🍎

☆惑星ベーグルバーガー

土星イメージのバーガー。バンズは阿智のかぼちゃが含まれているみたい。(分からなかった。)お皿まで惑星意識しているのいいですね。

☆3色の鉱物アイス

いちごとミントのアイスクリームに、りんご?のシャーベット。暗くて見にくいかもですが、固めのチョコが多くて食べるのがなかなか…。最後までチョコが残ってしまっておくちつらかった。

コラボグッズ…! 前回販売してなかったメモ帳2セット購入。

と、尊くてつかえない

なんと…店員にわざわざお願いして写真を撮って頂けました🙏(ありがとうございます…!)

なんだかんだでお店を出たのは0時過ぎ。途中で車中泊かましつつ阿智から長野へ縦断し無事帰宅しました。

阿智に行く前に地質要素に触れられて良かったかも。ドライブついでにこういうの見たり見に行ったりするのは個人的にも好きです。長野県内には他にもいろいろ見どころはあるので暖かくなったころから夏にかけてぼちぼちと散策してみたいです。

今回はここまで~

特設サイト

info.sva.jp

公式HP(コラボ企画紹介ページ)

koiastv.com

場所(GoogleMap)

P.S.

実は、恋アスラジオ第6回のふつおたコーナーで私が送ったメールを読んでいただけました…! 前回訪問の阿智ベースさんでのことを書きましたのでお時間がありましたら聴いてみてください…! ⇒ 「恋する小惑星」★みらとあおの KiRA KiRADIO◆ 

恋する小惑星コラボカフェ ~ジオカフェ 秋葉原出張所~行ってきました

3月8日にちようび。新型某が脅威を奮ってる中、東京に遊びに来てしまいました。今回は、「恋する小惑星」と「キュアメイドカフェ秋葉原」さんとのコラボカフェ、『ジオカフェ秋葉原出張所』へ行ってきました。

コラボ企画を知ったときに、メイドカフェ…なんか行くの抵抗感ある…。と真っ先に思ってしまいました。この前の阿智より難易度高いのでは;;(∩´﹏`∩);;…1人はアレなので、以前に川越の舞台めぐりでお世話になったあの方と一緒に行ってきました。

来ちゃった…ついでにこれも着ちゃった…

…はい。休日のお昼時ということもあって混雑気味でした。

f:id:kuroiwa917:20200311004848j:plain

2~30分くらい並んで店内に入れました。

メニュー。私はボーリングティラミスと、桜先輩ドリンクを頼みました。

ドリンクは推しの名前をフルネームで注文・・・。

ドリンク、グレナデンシロップ(ザクロと砂糖のノンアルシロップ)×レモンスカッシュです。クリームについてるのはカラフルな石チョコでした。

ティラミスです。クリームとスポンジの重なりが何層か。アンモナイトに見立てたナッツがいいですね~。ストローもついてきたのでボーリング体験してみましたがなかなかうまいこと入らず断念…。作りも再現度高くて楽しめるものでした。

ふわふわの食感…あお君の髪の香りを楽しんでいました。

ほか、店内はアニメシーンのカット、スタッフ陣のサイン色紙、ニコ生特番の時の石ころと星空パネルなどなど。

1品頼むと1枚貰えるステッカー。2品ずつだったので分けっこ

混雑時90分の制限だったのですが、わりとギリギリまで恋アストーク楽しんでました。とまぁこんな感じで楽しい時間を過ごせました。

特設サイト

www.curemaid.jp

公式HP(コラボ企画紹介ページ)

koiastv.com

場所(GoogleMap)

 

きららツアー@中南信〈STAR VILLAGE ACHI×恋する小惑星コラボカフェ・ゆるキャン△聖地巡礼〉

今回は『STAR VILLAGE ACHI』さんにて開催中のTVアニメ「恋する小惑星」コラボイベントに行ってきました。

このコラボレーション企画が始まったのは2日前でまだまだ始まったばかりでしたので、一部コラボグッズの販売と解説ムービーの上映がありませんでした。今回はコラボカフェで頂いた料理を紹介します。

会場は阿智村のカフェ&バーの『ACHI BASE』です。場所は昼神温泉郷の通りを過ぎた辺りに位置していて、観光案内所と一緒になっている施設でした。

f:id:kuroiwa917:20200224231115j:plain

入り口で地学部のみんながお出迎え!

夜の時間は暗くなっているため、撮影しづらいかもです。

注文は前払い式でした。今回は各メニュー1つずつ注文してみました。

☆みらの惑星ぐるぐるソーダ

☆星降るくじらカレー

ソーダは惑星に見立てたゼリーが入っていて、かき混ぜたりストローで吸って食べたり飲んだり楽しめるものでした。

カレーは阿智村産の鹿肉を使用したジビエカレー。多少ピリ辛。🐳はスナック状になっていて食べられるものでした。

小惑星(アステロイド)チョコドーム

チョコ割るのに苦戦した…チョコにある白粉が天の川に見立てている感じでカッコイイ。中身はいちご、ブルーベリー、クリームといった感じで甘酸っぱかった。

1品の注文でドリンクコースターが1枚貰えます。(全2種)

コラボグッズはステッカー2セット買っちゃいました。(限定という言葉に弱い)

ひとりでの参加でしたが、やはり友達,カップルさん等が多いですね。現実的な話、こういうのに付き合ってくれる彼女さん欲しいです・・・。(小声)

コラボカフェの後は星空を見に、車を走らせて浪合の”蛇峠山(じゃとうげやま)”に行ってみました。

暗くて分かりにくいですが、国土地理院設置の電子基準点がありました。

蛇峠山ではお湯沸かしてカップめん食べてる人や望遠鏡で天体観察している人など様々でした。

撮った写真(を見やすく加工したもの)です。ブレッブレで分かりにくいですけど本当に星空綺麗でした。いいカメラ買ったらまた訪問したい・・・

日付変わったころに下山してこの日は車中泊しました。朝の外気温-5℃でした… 銀マット、エアーマット、発熱敷きパッド、シュラフ+毛布の体制でしたが、足元が寒かった。ゆるキャン△の教え”カイロ”を持ってくればよかった。

翌日(24日)は、帰りがてらにゆるキャン△聖地巡礼をしました。「光前寺→こまくさの湯→杖突峠→諏訪高島城」

こまくさの湯にはテレビ東京にて放送中のドラマ版ゆるキャン△の主演キャストの福原遥さん、大原優乃さんのサイン色紙が飾られていました。

杖突峠、高島城はなんだかんだ行ったことがなかったので回れてよかったです。(これでアニメで登場した長野県内の場所はコンプリートかな?)

そういえば今回もまた長距離ドライブがきらら関連になりました。てなわけで1泊2日のきららツアー、これにて終了です。楽しい連休を過ごせました。

特設サイト

info.sva.jp

公式HP(コラボ企画紹介ページ)

koiastv.com

場所(GoogleMap)

恋する小惑星のOP,ED主題歌を買いました

今回はTVアニメ「恋する小惑星」のオープニング主題歌、エンディング主題歌のフルコーラス聴いて感じたこと・思ったことを簡単にまとめようと思います。

…と言っても文章ヘタクソなので、気に入ってる歌詞のおまとめをします。

f:id:kuroiwa917:20200214001534j:plain

OP「歩いていこう!」 - 作詞・作曲:川嶋あい 編曲: 伊賀拓郎 歌:東山奈央

照れ隠し・迷いを捨てて好きなことには遠慮せずに勇気をもって生きる

”輝く意志”を拾い集めて歩いていこう

きっと未来は待っている

あきらめないで信じ続ければいつかは辿り着ける

一人じゃ”絶対”に気づけなかった。いつも誰かに支えられている

ひとつの夢がまた明日の夢になる

意思と意志。言葉だけで意味が全く違ってきます。ここでの意志は「小惑星」を見つけたい!叶えたい!のように、はっきりと目的が決まっているものを表すものです。思うでの”考”と志での”願望”。強い感情が歌詞から読み取れてとても良いです。最高です。

”一人じゃ”絶対”に気づけなかった” ここ、きらチャレのお話で思い当たるシーンがあってだな…。ひとりだけ…というわけでなく、”ひとり”がいたからこそ気付けた。仲間との支えあいがあったからこそ発見できたものなのだと。アニメでじっくりやってくれるかな。「見たことのないもの」可能性を信じて・・・

全体的に「みら含め、周りのみんなと成長していく過程を言い聞かせる様な歌詞」だなぁと思いました。あとあと溢れんばかりの川嶋あい感…!天才と言わざるを得ないですよホント。

おまけに2017年放送、TVアニメ”月がきれい”主題歌「イマココ」。恋アス同様、作詞:川嶋あい、歌:東山奈央 なのですが、。更にびっくりするのは作品の舞台が両方とも「川越」ということ。狙ったか? にしてもすごい偶然(?)が重なってますよね。

ED「夜空」 - 作詞:中村砂羽 作曲・編曲:h-wonder 歌:鈴木みのり

信じよう 一人じゃないから 歩き出せる

離れないよ ぎゅっと誓う 小さな手

藍色の向こうに 約束したんだ

絆は少しずつ降り積もっていくもの

空の彼方・時の彼方

フルを聴いたときに2番の歌詞に感情がグッと高まって涙腺崩壊おじさんになりかけました。みらとあおが初めて出会ったキャンプ場でのやりとりを思い浮かべ、その後長い間分かれていてもお互いに”交わした約束”を忘れずに夢を叶える原点となる場所での偶然の再開。長年あおが忘れずに、なおかつ大切に思っていたことに気付いてみらが感激するシーン。本っっっっっっっっっっ当エモ。

藍色の向こう。まだ誰も見たことのないもの、これから見つけ出す未知なる存在。ここ、OPとつながる場所あって個人的に大好きです。

空の彼方・時の彼方とありますが、1番では「宙を見上げる共感や興味」2番では「夢へ近寄るためのもう一歩」なのかなぁと。(個人的な解釈ではありますが)

もうひとつ、”交差と双曲線”。簡単に言い換えれば「新天体か既知天体か」だと私は思っています。ここからは完全に独断になりますが、交差で「元々あるものに辿り着けた」。双曲はその名の通り「近寄っては遠ざかる」成功に近づいたようで実際は違った。きらチャレでのみらは、新しい天体を発見したか出来なかったかではなく、”実際に取り組んだ活動で、本物の小惑星が手に届くもの”だと実感しています。既知天体でも小惑星に辿り着けた。「新天体、”絶対に見つけ出すんだ”」と前向きに捉えています。

みら。夢を明確に強い意志を持っている女の子です。

全体的に共通しているところ

お分かりかもしれませんが、両曲ともに「歩」が共通して使われています。

一人じゃない。みんながいる。仲間を支え、また誰かに支えられているからこそ”歩いて行ける”。

「歩いていこう。」「歩き出せる。」後ろからそっと押す形で夢に向かうみんなを応援している感じがあって良いですよね。

おまけ

キャラットの読者プレゼント欲しさに(カレンダーのほう)久しぶりにキャラットの感想を書きました。ありきたりな構文ですがゲスト作品さんの作品感想含めて読んでもらえるかな?

【聖地巡礼】河口湖&身延 ~本栖高校自由参観日~〈ゆるキャン△〉

今回は、河口湖周辺、道中に立ち寄った本栖湖身延町に行ってきたのでご紹介いたします。

中央道で一宮御坂ICへ行き、下道で河口湖方面へ向かいます。

いい天気!!最高。山梨には何回か行ってますが、これだけ晴れて雲がほとんどない状態ってのは初めてでした。嬉しい。

河口湖に寄ったのは、現在TVアニメ放送中の「へやキャン△」の聖地巡礼&聖地でアニメ実況…!が目的でした。

にちようびの11時25分からは、YBS山梨放送さんで「へやキャン△」の再放送をしています。今回は宿とかテレビが直接見られるという環境ではなかったので、久しぶりに簡易アンテナを使って河口湖湖畔の大石公園で受信芸かましました。

f:id:kuroiwa917:20200211173602j:plain

車の横に立てる感じに設置しましたが、結構ジロジロ見られました😅

山梨のEPG拾ったり放送までの時間は、河口湖と富士山を眺めながら主題歌である亜咲花さんの「The Sunshower」、「SHINY DAYS」聴くなどしました。エモの塊。

放送は5話で、ロープウェイの回でした。近いからアニメ回見た後にロープウェイ行けるんだなぁ~! 体感5秒で放送おわり。

片付けたあとは、大石公園のとなりの自然生活館に寄りました。

場面カットは完全に一致ではありませんが、2枚とも自然生活館より。

富士山パノラマロープウェイに向かいます。

ロープウェイは大人往復900円です。乗るまでがかなりの混雑で30分くらい待ってようやく乗れました。

展望台から見下ろす富士山と河口湖

火つけられとんのにめっちゃ笑顔なたぬきさん

たぬき茶屋

気温2度ですが食べました…

こんな感じで河口湖離脱。本栖湖経由で身延町へ向かいます。

本当にいい天気… 立ち寄って良かった。

Swarmを見ていたらこんなスポットが…

爆笑しつつチェックイン。

身延に到着したのは15時過ぎでした。見学は16時までだったのでなんとか滑り込みセーフ。自由参観は今日が最終日ということもあってたくさんのファンの方々が来場していました。

受付を済ませて、真っ先に目にするのがリンちゃんビーノとヤマハとコラボしたトリシティです。

へやキャン△のBDに新作アニメーションとして「サウナとごはんと三輪バイク」が収録されるみたいなのでとても楽しみです。

www.yamaha-motor.co.jp

↑ここで読むこともできます。

ほか入口にはキャラクターの等身大スタンディとキャンプグッズが少々。

図書館のカウンター。後ろ側からも見ることが出来ました。

monoが紹介されていました! ツカぽんとシロクマも置いてあったら完璧。

人型シュラフと例の段ボール梱包あきちゃん

続いて部室の方へ。たしかに狭い…

ツナ缶、アウトドア系の本やら雑誌やら。”キャンプ好きが集まった”っていう感じの部屋で見ていてとても楽しかった。

野クルの隣の部屋には、ドラマの撮影で使われた物、下部中学校での撮影の様子の写真がありました。

この分厚い本は、ドラマエンディングでキャストさんとの合成撮影に使っているみたいです。本栖高校のスタッフさんに教えていただいてなるほどなぁと納得しました。

建物の中ばかり気にしていて学校の外観を撮影するのを忘れてしまいましたが、家に帰ってドラマをもう一回見たときに「あぁ、本当にここ(下部中学校)だ…!」って感動しました。

自由参観の展示はひと通り見られたので良かったです。車を止める場所が最寄りに全くなくて、唯一駐車可能。かつ無料だったのが学校からすぐ近くの「常幸院」さんでした🙏…聖地巡礼は公共交通機関を使いましょう…!

旧下部中を離脱して、その次に向かったのは身延駅です。野クルメンバーがみのぶまんじゅうを食べていたところを見てきました。饅頭はちょうどコラボをしている「栄昇堂」さんが売り切れだったので「山梨水晶本店」さんでお土産に購入しました。残りひと箱だったみたいでなんとかセーフ。

みのぶまんじゅう、モチモチした感じの食感で美味しかったです。

帰る前に下部温泉四川料理屋さんでゆるキャン△コラボメニューの「蕎麦鵜丼」を頂きました。ピリ辛な鶏と山菜がマッチして美味しかった。今ならステッカーも貰えます。

実況脳まる出しな行動したり、久しぶりにゆっくり観光したり、舞台を駆け巡ることが出来て楽しかったです。今年中には中部横断自動車道が身延まで延伸したりとまた一段と行きやすくもなるみたいなので、キャンプも兼ねて夏頃に再訪問したいなぁと考えています。それでは今回はここまで。

www.town.minobu.lg.jp

yurucamp.jp

「恋する小惑星」アニメ放送5話目を迎えて。お気持ち表明

表題の通り、アニメ版の「恋する小惑星」についてちょっと書きたいなぁってことでこの記事にまとめておこうかなぁって思います。

ストーリーの進み

昨日、アニメ5話が放送されました。サブタイトルは「それぞれの夏休み」ということで、海の回とミネラルショーの話がやると公式HPのあらすじ公開がありました。私自身もあの回か~って思いながらどのような形でアニメで描かれるか想像したり考えてみたりしていました。

実際に5話を見て思ったのが「えっ…早くない?」「ここカットしちゃうの?」「もう新聞部・文化祭のお話出てきちゃうの」

毎話毎話思っていることたくさんありますが、やはりアニメでは原作至る所かなり省略されています。

予想:Aパートで「水着買う回→海水浴」、Bパートで「ミネラルショー」

実際:Aパートで「海水浴・ミネラルショー」、Bパート「新聞部・文化祭準備(一部)」

異様に早い原作消化、まさかの新聞部登場。折り返し6話で文化祭。もう少しじっくりお話やってくれても良かったんじゃないかと思いました。あまりにも飛ばし過ぎたりカットしすぎ。まるまるカットしたりするのは流石に驚いた。これ、”きらら系”作品で合ってるよなってまで思ってしまいました。

アニメがどうのこうのとまでは言いませんが、私はこのスタイルで続けてもいいのではないか?とも考えています。理由は3つあります。

1.真面目路線で真剣にストーリーを向き合える

-”夢”に向かって真剣に突き進むみんなを見られる。-

様々なきららアニメを見ていると、典型的なパターンである萌え要素・笑い、ネタ要素が「恋する小惑星」には圧倒的に少ないかなぁと感じています。その分、地学要素が主軸の作品として、作中内に登場する施設や鉱物化石・天体はとても再現率が高く、中には制作協力に関わっている企業様団体様まで見られます。

キャラクター達の日常的なワイワイシーンよりも、キャラクターが地質・天文に触れているストーリーをアニメ放送版として多く採用しています。コミカルなところ控えめですね。制作側は完成度の高い作品を創り上げるということでこの様なストーリー選定をしているのではないでしょうか。そこに動くキャラクター達が”夢”や”目標”に向かっていくストーリーを見ることができるのはとても感激ですし胸アツです。

一方、連載の方を読んでみると、これぞ「きらら」と言ったような”可愛らしさ”、”ときめき”、”笑いにネタ要因”が満載です。アニメのみ履修してる人には是非とも連載を読んでみてほしい。アニメに出たシーン出なかったシーン問わず、1コマ1コマに可愛さときらめきが詰まっています。アニメ版と比較をするならば、女の子ならではのトークや発想が色とりどり。今にでも動き出しそうな感じで描かれていて読むのがとても楽しい!。個々のキャラクターが持つ個性や魅力が最大限に引き出されています。(宣伝)

2.アニメ版の終わり方を考える(まだ先になりますが…)

明らかに早い原作消化、現時点で原作2巻中間手前です。今月27日には単行本3巻が発売予定となっています。私の予想では3巻収録予定(キャラット2020年3月号)の話でアニメ版が終了するのかなぁと…薄々ですが感じています。いざアニメ放送となった時に、まず最初に考えたのが「どの話でアニメ版は終わるのか。」です。

…とは言っても区切りのいい場所を考えたときにどうしても”夢”への中間点である「某チャレンジ」が真っ先に思い浮かびました。この話なら綺麗にひと段落かなとは思います。この線でアニメ終了時点のことを考えると、アニメと原作がちょうど同じ所になります。

現時点で、アニメとしての続編は恐らく無いでしょうか。綺麗な終わり方を考えるとすると、「1クール完結」という考えに辿り着きます。私はそれでも充分だとは感じています。続編のアニメ化についてはその次で。みら達の”夢を叶えるその時まで”をまず先に見てみたいわけですので連載を楽しみ、ファンとして応援していきたいです。

3.作品の見方を変えたきっかけ

「地質・天文要素をメインにやるか」

「キャラクター同士の日常トークをメインにやるか」

アニメ版を実際に視聴してみて、思ったのはもちろん前者。多少の萌えと笑いを含めて、全体的に地質天文を基本として固めていくって感じが分かりました。

これは、私の完全な独断になる(+言い方キツイ)のですが、JAXA国土地理院、地質標本館といった有名団体がアニメ制作に関わっている=あまりふざけたりでたらめな形での制作はナシ。ではないかと勝手に判断しています。

もちろん、「恋する小惑星」にでたらめな話などありません。どれもこれも素晴らしいストーリーです。

地質や天文といった幅広い分野層での映像化となると、もちろん気になって視聴をしたり、作品に触れる人たちが増えていくと思います。そうなるとやはりアニメーションは真面目かつ、幅広い年齢層の方でも共感できるようなストーリー選定にしなければならない。という形で製作委員会は考えたのではないでしょうか。(もう一度言いますがあくまでも私の独断です。)

ただ、これがいいとかダメとかは言えませんが、せめてもうちょっと”きらら”らしさを出してもよかったのではなぁ…と思うところです。

個人的に直したい個所(アニメ視聴において)

5話、OPとEDに新しく変化がありました。というのはすぐにわかったのですが、5話目放送にしてやっと、1話時点で「新聞部&ナナチカちゃん達がいた」という事に気付いたことです。

OPではサビ前に部室棟の2階窓に新聞部のお二人、EDではAメロとサビ部分にナナチカコンビがいます。どうしても今まで気付かなかった・・・・・。流石にファン失格すぎる。推している割にはこういった細かい点に着目できていなくてむしろ恥ずかしいレベル。また、4話の単行本3巻発売宣伝CMは初回ではなく録画の見返しで3巻裏表紙のことについて気付きました。

”しっかり見ているつもり”ではいても案外重要なところを見落としがちな人間です。せっかくのアニメ化。もっと真剣に向き合いたい。

アニメ化で恐れていたこと

これはブログにも書こうか迷いましたが、これだけ書いてしまっているのでそのまま書きます。

アニメ化で”作品が人気”になってくれるのはとても嬉しいです。しかし、”人気”という言葉を吐き間違えて”違う意味”で流行っては欲しくないです。ハッキリ言います。

淫夢ネタや露骨なエロに染まらないでほしい。

淫夢。これだけは本当に、イマドキの時代とあって願っても願っても避けられないので、仮に淫夢ネタが流れてきたらもう気にしない・スルーすると決めています。

エロ、R-18。これに関してはグレーなゾーンですが、描くなとまでは言いません。アニメ化がきっかけで恋アス関連のイラストがたくさん増えていてとても嬉しいです。嬉しいのですが、どうしてエロ・嗜虐・猟奇的なものに染めてしまうのか。どうしても理解できません。

Q.TLのえっち絵いいねしてるじゃないですか。A.うるせーバカ

言っていること矛盾してて説得力無いですが、やはり思い入れのある作品・真剣に推している作品にはそのままの純粋のままでいてほしい。どうしてもそういうことを考えてしまいます。

とりあえず現時点で思っていることはこのくらいです。いろいろと深く考えてしまってこの記事書いている時も快く書けなかったり、語彙力不足で伝わらなかった所もあるかもしれませんが今回はここまで。